スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 Color Purple

5月の頭に27インチiMacに買い換えたのは良いのですが、

あまりにも画面が大き過ぎて、すぐに目が辛くなるため、

ここの更新も難しくなってしまいました。

しかし、今日は仕事で使っているPCメガネを使って、

久々に更新します。…語りたいことありすぎて困る。

 

まずは先日行われた今年のトニー賞。

下馬評の「ハミルトン」が独占するとの情報に、

あまり期待しておりませんでしたが、

蓋を開けてみたらビックリ!感動の嵐!

フロリダでの乱射事件のすぐ後に開催された授賞式は、

マイノリティーのトニー賞との名の下に、

アメリカが抱える光と闇を映し出した、

とても素晴らしいショーでした。

 

その中でも一番は、あの「Color Purple」。

初演時には主演女優賞しか獲れませんでしたが、

リバイバル版では演出を極めてシンプルにして、

見事!ミュージカル・リバイバル作品賞グランプリに輝きました。

トニー賞でのパフォーマンスも感涙モノでしたが、

YouTubeにアップされていた、こちら↓が素晴らしかった。

 

残しておきたい話がいっぱいあるのでサクサクいきます。

 


 

ツイッターでは盛り上がっていたテレビドラマ「重版出来!」

僕も何故か予感がして初回から録画しておりましたが、

ここ最近見たテレビドラマの中では最高で、

放映が待ち遠しい日々を過ごしておりました。

中でもヤスケンさん演じる安井さんのエピソード、

第6話はマジで神回で、数回録画を見返しました。

ヤスケンさん…惚れ直しましたよ(笑)

 

第7話のムロツヨシ演じる沼田さんの話も、

良かったですよね?…って誰に聞いてんだろ。

第7話。私も含め世のほとんどは沼田であり、手の届かない天才を眩しく苦しく見つめるしかない。沼田を敗北者だとは思わない。人生の選択の一つに過ぎない。ラストの沼田の「ずっといるよ」はムロさんのアドリブなんだけど柔らかさに泣いた。ファミレスの心とアユも好き。

このドラマの脚本家、野木亜紀子さんのTwitterの投稿です。

馬鹿なネットニュースに揶揄されたりもしたけれど、

近年これだけ沢山の人々が感動したドラマを僕は知りません。

 


 

テレビドラマといえば、

WOWOWで製作・放映された連続ドラマ、

「予告犯 -THE PAIN-」も最高に面白かった。

 

このドラマも非常に良くできた脚本で、

最終話の予想を裏切る展開に脱帽!

映画オタクの私のような人間は、

途中で大体オチがわかることが多いのですが、

このドラマにはやられました!

 

是非、地上波でやって、

皆を驚かせて欲しいです。

 


 

数年前の映画ですがリチャード・カーティス監督作品、

「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」について(笑)

 

ネタバレしちゃうけれども、

主人公は21歳の誕生日に父親(イカちゃんビル・ナイ)から、

先祖代々タイムトラベルができることを知らされます。

 

念じるだけで過去に戻れるけど未来には行けない。

過去に戻るとしたら、いつに戻るのか?

この映画で成長した主人公が悟る、

タイムトラベルの上手な使い方がとても素敵でした。

 


 

スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」の監督、

J・J・エイブラムスがTEDで「謎の箱」と題して、

映画について、こんなことを言っておりました。

(引用すると長くなるので要約します)

ジョーズのような映画で人々が期待し記憶に残るのは、

ビキニの女性がサメに食べられてしまうシーンだが、

箱の中身は、ロイ・シャイダー演じる一人の男の物語であり、

世界の中で自分の居場所を求め、男らしくあろうとし、

家族とともに新しい町でどうやっていこうかという話だと。

それはなぜか?それは自分の内面を見て、

中に何があるのかを見るから。

究極的には謎の箱というのは、

私たちみんなだからなのだと。

 

余談ですが、フォースの覚醒は映画館で見たせいか、

とても面白かったです。

スタートレックの映画を最初に監督した時から、

スターウォーズマニアを公言していた彼。

酷評する人も多かったようですが、

フィルム撮影にこだわったり、

SFXを最小限に止めたり、

主人公が女性と黒人だったりするところも、

非常にうまくいっていると思いました。

 

主人公の名前が「レイ」って…日本のアニメかよ!

レイの登場シーンほぼナウシカ(笑)

 


 

女性に聞いた嫌なデート1位は「映画館」なのだそう。

特に役者や監督、ストーリーについて、

映画を見た後、あれこれ感想を言うのが嫌だそうで。

いろいろ謎が解けましたね(笑)

高校生の頃、ニコラス・ローグの映画とかを見に行った、

苦い思い出が蘇りました(笑)

 


 

かなり時期は過ぎてしまいましたが、

日本人は何故「桜」大好きで、

時期になるとやたらと桜ソングができるのかについて、

僕は「日本人は桜以外の花を知らないから」だと思ってましたが、

最近の曲のタイトルに一番使われている花は、

「ひまわり」であることをテレビのバラエチィ番組で知りました。

 

まぁそんな僕も好きな音楽や映画は、

とても有名なものが多いことに、

ブログをやるようになって気付きました。

例えばビートルズとかチャップリンとか黒澤とか。

でも、沢山のモノを知ることによって、

その良さに改めて気づかされることもあります。

 

世の中には「知らなくて良いこと」というのはあるわけで、

昨今のネット社会では特に、上手く立ち回らないと、

心がすり減ってしまうことにもなりかねません。

しかし、人には好奇心という本能が備わっていますし、

また、様々なことを知っていないと、

つまらないことで命を落とす可能性もあります。

 

「知らなければいけないこと」と「知る必要がない情報」

この二つのバランスをうまく保って、

様々なことに好奇心を持ち続けて生きていけたら最高です。
どこかのネットニュースのように、

数字で物事を知った風に語るのは、

ものを全く知らない人間のやることですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 04:41 | MYWEBLOG | comments(0) | - |
 スポンサーサイト

| 04:41 | - | - | - |







| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.