リップヴァンウィンクルの花嫁
相変わらずいつも不幸な弟が癌になりました。
一応、手術は問題無く終わり10日程度で退院したのですが、
3日も経たずに腸閉塞を起こし再入院。
君は、いつもついてないよね…。

弟が入院した病院は父親の出身高校の前で、
僕の職場から自転車で5分程度の場所。
自分では生まれ育った西荻窪から、
少しづつ足を伸ばしているつもりでしたが、
結局、全く離れてませんでした。

偶然、弟の入院先の病院の隣の公園で、
先日「西荻 Lovers Fes」というお祭りが、
開催されておりました。

僕が子供の頃から西荻は地方出身の方が多く移り住んでおり、
緑も多くて、東京にしては敷居の低い土地だったと思います。
駅前の商店街に面した僕の部屋を友達が羨ましがっていましたが、
僕は今でも何が良かったのかわかりません。

生まれ育った町に対して、
近親憎悪に近い感情が湧くのはつきものですが、
そこに移り住むことになった人たちが、
「良い町」と言ってくれるなんて、
とてもありがたいことですよね。
 

さて、前置きが長くなりましたが、
本日は岩井俊二監督の小説「リップヴァンウィンクルの花嫁」。
僕はまだ読んでおりませんが、映画は昨日見てまいりました。
見ていない方もいらしゃると思いますし、
検索でたどり着いちゃう人もいるかもしれないので、
内容についてはあまり語りませんのでご心配なく。

お昼の情報番組でこの作品が紹介された時、
「SNSで知り合った男性と結婚する」という物語のあらすじに触れ、
出演者の若い女性たちが怪訝な顔し、
口々に「有り得ない」と嫌悪感をあらわにしているのを見て、
・・・若いからしょうがないのかもしれないけど、
もう少し自分とは違う人の気持ちを考えて欲しいな…と、
僕は感じました。

世界を見渡して考えれば、日本には貧富の差や格差なんて、
無いに等しいのかもしれません。
けれどもちょっと見回せば、暗くて深い闇に落ち、
必死に抜け出したいと願っている人たちが、
沢山いることに気付く筈です。

この物語の主人公の七海は「ささやかな幸せ」が欲しかったのでしょう。
結婚式に呼べる友達もなく、両親も離婚している七海に比べ、
一般的に恵まれた育ちで高校教師をしている、
拍子抜けするほど簡単にSNSで手に入った夫。
空虚で居心地の悪い結婚式。
物語の始まりは、そんな風に幕を開けます。

岩井俊二監督作品は好きでほとんど見ておりますが、
涙を流した作品は初めてかもしれません。

僕は岩井監督や是枝監督と、ほぼ同世代の映画好き少年だったので、
二人の作品はスッと腑に落ちる部分が多い気がします。
あぁそれ、前から気になってたよね…とか、
このシーンはあの映画のあのシーンを彷彿させるよねーとか。
『花とアリス殺人事件』では黒沢明の『生きる』を
『リップヴァンウィンクルの花嫁』では、
チャップリンの『巴里の女性』を思い返しました。

主演の黒木華さんやCoccoちゃんはもちろんのこと、
綾野剛氏演じる「安室行舛(アムロ!行きまーす!)」が、
とても岩井俊二監督らしいと感じる登場人物で、
現代を象徴した存在に感じました。
一昔前だったら、他の監督だったら、
彼をただの悪魔か、変わり者として描いたことでしょう。

日頃、映画の話のできる友達などは殆どいませんので、
もっともっとここでいろいろ沢山語りたいのだけれど、
こっ、これ以上は…言・え・な・い!
ネタバレしちまう!(笑)

みなさんぜひ見てくださいね!
いつまでも心に残る映画ですから!
仙人の超オススメです!














 

| 22:50 | MOVIE | comments(0) | - |
 スポンサーサイト

| 22:50 | - | - | - |







| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.