No Wonder
88鍵の電子ピアノを買いました。

以前所有していたものが壊れてから、
約10年弾いていなかったのですが、
Norah Jones"Thinking About You"の、
GarageBandアーティストレッスンを購入したことで、
火がついてしまいました。
しかし実際に弾いてみると…やっぱ難しかったです。

去年の下半期は体の調子がずっと悪くて、
「終わった…」と感じましたが、
薬のおかげで副鼻腔炎は完治し、
年が明けてからはとても調子が良いです。
何事も良い時と悪い時があるもんだなぁ…と、
つくづく感じる2016年の幕開けでございます。

さて今回お勧めするのは、
東村アキコの傑作「かくかくしかじか」
作者の恩師「日高先生」との思い出を描いた作品です。
まぁとても有名な作品なので、
ここで「あらすじ」など細かい話はいたしません。

絵とか音楽なんてものは、
潰しが利く能力でもありませんので、
能力があっても仕事に結びつく人は一握り。

しかし、どんな世界であっても、
同じことなんだということが、
大人になるとわかります。
辛く無意味に思えた経験が、
その後の自分を支えてくれるのだと。

結局、何事も真剣に無心で取り組まないと、
道は切り開けないのであります。
皆、過去の自分をぶん殴ってやりたくなるのです(笑
--------------------------------------------
昨年体の調子が悪かった時期は、
ここで何度も紹介している、
Anne Sofie Von Otter & Elvis Costelloの、
"For The Stars" ばかり聴き、
手足の指先まで癒される感覚に、
改めて音楽との出会いに感謝しました。

このアルバムの国内版のCDは、
現在、中古でしか手に入りません。
僕も実はCDを持っていなかったのですが、
弟から借りてMacに圧縮せずに入れてあるため、
音はすこぶる良い状態で聴けます。
やっぱあれです、圧縮したやつはダメです(笑
結局、先日Amazonで中古盤をポチりました。

このアルバム、ホントにいい曲ばかり。
殆ど楽器の生音で録音されているところが沁みます。
電子ピアノを買った理由に、
このアルバムの曲を弾きたいというのもあったのですが、
楽器もさることながら、
やはり歌が上手くないと1万分の1も再現できません。
しかし"Green Song"という曲を聴くと、
チェロなんかも習いたくなります。

"Green Song"の作曲者はSvante Henrysonという、
スウェーデン出身の作曲家&チェロ奏者。僕と同い年。
とても良い曲です。歌詞はコステロ。

今回の記事のタイトル、
アルバム冒頭を飾る曲"No Wonder"この曲も素晴らしい。
どうしても歌詞を訳したくて個人的に試みたのですが、
恥ずかしながら披露させていただきます。

No Wonder 訳:ひとりで仙人


I stole a glance at my reflection, 

Though these days I tend to hurry by. 

How pale the rose of my complexion, 

How strange the knowing look that's in my eye. 

ちらりと反射的に盗み見して

日々を慌てて駆け抜けてゆく

蒼白い薔薇が映る僕の顔色は

知ったかぶりを気取って とても奇妙

But when the springtime was ablaze, 

You took my hand, you held my gaze. 

けれど春が光り輝くと

あなたは僕の手を取り 魅了する

There is no wonder there, 

I learned my lesson well, 

No need to wonder where that girl has gone. 

それは何も不思議なことじゃない

僕は学び 稽古も積んだのだから

「あの娘はどこへ行ってしまったのだろうか」などと

思いを馳せる 必要はない

There is a secret no one knows, 

I set my face, I changed my clothes 

それは誰も知らない秘密

僕は顔を整え 身なりを変えた

I dreamed I stood as you were passing, 

Just as the horse-drawn carriage sped away. 

Of petticoats in puddles dragging, 

And my high button boots were splashed with clay. 

あなたが馬車に乗って離れていく姿を

棒立ちで見送る夢を見た

引き摺られた水たまりは ペティコートと

僕のボタンブーツまで 泥を跳ね上げた

But when the summer was in flame, 

You broke your word, denied my name. 

けれど夏が燃え上がると

あなたは言葉を崩し 僕の名前を拒絶した

There is no wonder there, 

I learned my lesson well, 

No need to wonder where that girl has gone. 

それは何も不思議なことじゃない

僕は学び 稽古も積んだのだから

「あの娘はどこへ行ってしまったのだろうか」などと

思いを馳せる 必要はない

But as the winter drags along, 

It blurs your sense of right and wrong. 

けれど冬に導かれると

あなたの善悪の感覚は ぼやけていく

There is no wonder there, 

I learned my lesson well, 

No need to wonder where that girl has gone. 

それは何も不思議なことじゃない

僕は学び 稽古も積んだのだから

「あの娘はどこへ行ってしまったのだろうか」などと

思いを馳せる 必要はない



なんて美しい詩なのでしょうか。
季節の移り変わりを経て、
傷つきながらも成長していく人間が描かれた、
素晴らしい作品たちに感謝。














 

| 02:15 | MANGA | comments(0) | - |
 スポンサーサイト

| 02:15 | - | - | - |







| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.