スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 攻殻機動隊 S.A.C.
年CSで『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』を見て、
めちゃくちゃ面白くて感動しちゃったんだけど、
監督が神山健治って『東のエデン』の監督だったことをその後知りました。
マニアの間では有名なんだろうけどアニメって殆ど見ないから…。
I.Gって制作した会社も武蔵野市(三鷹)だから近所なんだよね。

そういえば数年前、仕事帰りにエヴァの庵野監督にそっくりな人を見たので、
長い間気になっていたんですけど、
つい最近、株式会社カラーの事務所がその場所にあることを知りました。
サイン貰えば良かった。とかいって絶対言えないけど。

て、テレビシリーズの攻殻機動隊、何が面白かというと「ストーリーと世界観」
士郎正宗の原作の世界観を継承しつつも、
パラレルワールドで織りなすオリジナルストーリー。
ちなみに原作「攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)」のストーリーは下記の通り。
時は21世紀、第3次核大戦とアジアが勝利した第4次非核大戦を経て、世界は「地球統一ブロック」となり、科学技術が飛躍的に高度化した日本が舞台。その中でマイクロマシン技術(作中ではマイクロマシニングと表記されている)を使用して脳の神経ネットに素子(デバイス)を直接接続する電脳化技術や、義手・義足にロボット技術を付加した発展系であるサイボーグ(義体化)技術が発展、普及した。結果、多くの人間が電脳によってインターネットに直接アクセスできる時代が到来した。生身の人間、電脳化した人間、サイボーグ、アンドロイド、バイオロイドが混在する社会の中で、テロや暗殺、汚職などの犯罪を事前に察知してその被害を最小限に防ぐ内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活動を描いた物語。
※wikipediaより転記
今回オススメした「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」だと、
地上波では放映されなかったらしいですが、
第2話「飽食の僕 NIGHT CRUISE」がとても良かった。

を異国人やエイリアンだけにしていないっていうのが、
このアニメの面白いところのひとつなのかもしれません。
物語を俯瞰で描いたら、
薄気味悪い差別が無いっていうのは、
当たり前のことだと思うんですけどね。


| 04:27 | MONOGATARI | comments(0) | - |
 スポンサーサイト

| 04:27 | - | - | - |







| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.