スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 ありふれた奇跡
とたけけ
「どうぶつの森」以外の最近の楽しみといえば、
約11年ぶりとなる山田太一氏の連続ドラマ『ありふれた奇跡』を見ること。
このドラマを見ていると、
ここ数年ずっと考え続けていたことに繋がる気がしています。

子供の頃の僕はよく布団の中でギリギリと歯ぎしりをするように、
『なんでこんな貧乏な家に生まれたんだろう』と思ったものです。
毎日、酒に呑まれては怒鳴り暴力を振るう父親。
昼間に道ばたで酔っぱらって寝てるから救急車で運ばれたり、
夕食の煮えたぎった鍋を机ごとひっくり返したり、
「素手で叩くと手が痛くなる」とか言って、
杓文字のでかいやつみたいので叩かれたりしてね。
いつかなんかは叩かれた拍子にタンスの角に頭ぶつけちゃって血だらけ。
すぐ病院で縫ってもらったけど、今でも傷が残ってるよ。
中学に入学する頃にはさっさと死んじゃって、
残された家族はそのあとそりゃ大変だったよ。

『銭ゲバ』じゃないけど、
幸せそうな人々を憎んで生きてたとこもあった。
もっと勉強したかったけれど働かざるを得なかった…、
そんな風に思った時期もあったよな。

数少ない親友と呼べる友達二人が若くしてこの世を去り、
好きだった子には二股をかけられたりして、
めちゃくちゃウケる青春時代だったし。
「これが自分の仕事」と思った途端に路頭に迷い、
男40にしてスタートライン…みたいな。
恨んだらきりがない。全くきりがない。話しつくせやしない。

でも、ま、前からうすうす感付いてはいたんだけどね、
みんなそんなもんなんじゃないかと(笑

人にはそれぞれ持っている「振り幅」みたいなものがあって、
その範囲の中で必死に生きているんだよね。
人にはそれぞれに人生の物語があって、
苦しさも喜びも幸福も不幸もあるってこと。
この歳になってもついついそんな当たり前のことを忘れて、
自分の殻にこもってわざと嫌なことを思い出しては、
他人に対して傲慢になったりしちゃうんだよな。

振り幅、というか「しあわせの尺度」も人それぞれ。
それは愛であったり笑いであったりモノであったり、
心であったり人であったり名誉であったり。
その振り幅を測る尺度が違えば不幸な出来事も幸運になり、
誰もが羨むような幸福も過酷な日々に変わる。

その人がもって生まれた「運」みたいなものによって、
「位置」や「濃さ」はそれぞれだけれど、
自分の心の振り幅を他人の幅に圧縮・伸張してあてはめれば、
揺れる気持や痛む心はみな同じ…っていうのかな。
文字だけで伝えるの難しいけど・・・。

まいいや。
見ていない人がいたら是非見てください。
ありふれた奇跡』おすすめです。
語り尽くせない程とても深くて素敵なお話ですので、
是非とも僕が語った陳腐な話は忘れてご覧くださいませ。

全く関係ない話だけど、松ケン主演の「銭ゲバ」。
あれは最終的にどうするんでしょ?
原作通りにやっちゃったら間違いなく日テレの株価大暴落でしょ?(笑
ま、それは良しとして、
あのドラマの宣伝番組の街頭インタビューがマヌケだった。
「あなたにとって大切なのはお金?それとも愛?」みたいな。
この質問を考えたのは本当に成人か?つか人間か?
「お前はテロリストか?それとも正義か?」みたいだな。
2択を迫る奴にロクな奴はイネーな!バカタレが!

お、いけないいけない、ついつい悪いクセが…。
謙虚にならなきゃね。もう大人なんだから。

| 01:39 | MONOGATARI | comments(10) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト

| 01:39 | - | - | - |
偶然、とおりすがりの者です。
私もアラフォー世代です。
ドメスティックバイオレンスなんて聞いたこともないのが
私たちの子供時代でしたね。

親で苦労なさった方も多いと思いますよ。

ありふれた奇跡をみていると、若いときの私を思い出しました。
あんなふうに、同世代の男の子が
自分の話をまじめにきいてくれたっけ。
男の子から「よくわかんない」といわれてました。
美人だとよく言われました。

40をすぎると、もう男の子たちはお父さんになってしまっていて
自分の家庭が第一です。
そして、若いおねえちゃんと話がしたいんだろうなと思って
直接話をすることもなくなりました。

こうやってブログでお話するくらいですね。
| とおりすがり | 2009/01/30 6:12 AM |
ハードな人生送ってるのに物腰柔らかいよね。
ハードな人生だから物腰柔らかなのか。

俺なんてなーんにも考えずに生きてたらこんな風になったよ。
| 腐れ30男 | 2009/01/30 8:51 AM |
あんたになんか俺の苦しみがわかってたまるか!

と、言っても仕方ない状況で

みんなそれぞれ振り幅のなかで生きている。

という結論に達するという。。。

本当にそうなんだろうけど

卓越した思いやりの深さを感じます。

大人だからな。

かわいくってもね(笑)。
| ますちゃん | 2009/01/30 4:47 PM |
自由に進む道を選べるいい大人になった後の話ですが、
私は自分を他人と比べかわいそうなんじゃない?と
思いがちでした。そのかわいそうさを追求しても、
生きている現在、役に立つことはないというのが
やっと今頃わかってきました。
他の人はそれぞれ自分の想像をこえていて
戦ったり引受けたりしているのだと。

お友だちに早くこの世を去られたり、こたえる
時代があったりして、それでもって今ここにいる
仙人の、考えが聴けて良かったなと思います。
すごいや。

| ちはりん | 2009/01/30 11:04 PM |
とおりすがりさま

「ありふれた奇跡」でもヒロインが、
様々な場面で「美人」と言われてますよね。
ああゆうところがホントうまいなぁ〜と感心してしまいます。
美人と言われたことのない人にとっては、
羨ましいと感じる言葉なのかもしれないけれど、
人間ってみんな実はそんなに簡単じゃないもんね。
言っている方に悪気は全く無いんだろうけれど、
それがまた複雑な気持にさせますよね。
・・・って、僕は美人って言われたことないけど。

「若いおねえちゃんと話がしたいだろう」
?それは偏見だとは思うけど(笑
自分の家族を大切に思う人は、
きっと友達も大切にしてくれますよ。多分。
そうでもないか?

腐れ30男さま

「物腰柔らかい」っていうのは下ネタ?
それほど歳をとっているわけではありません。
・・・違うか!
今更ですが、コメントありがとうございます。
僕がblogを続けていられるのはきっと腐れさんのおかげです。

ますちゃん

なんだよなんだよ、長文書いたのが阿呆みたいだ。
オレの言いたかったことって3行で良かったんだな(笑
昔から同じことくりかえして言っちゃうのね。
いつも「それさっき聞いたよ!」って、
自分で自分の文章にツッコミいれて読み返してます。

ちはりんさま

僕はたまにガス抜きのつもりで、
こういう昔話をネットに書き込んじゃったりするんですが、
そのあと必ず後悔するんですよ。
まぁ「同級生の誼み」ということで許してやってください(笑
そうそう、
さっき偶然見かけた星占いでこんなことが書いてありました、

『気持ちが不安定な日。わけもなくイライラすることがありそうですが、その本当の原因がわかるときです。子供のころの出来事が原因で現在の恋愛や仕事での問題につながっていると感じるのであれば、専門家にアドバイスを求めるのもいいでしょう。』

笑っちゃいました。ぶふふ。
専門家って誰?スピリチュアリストか?
| ひとりで仙人 | 2009/01/31 3:46 AM |
あいあい

呼んだ?

お安くしときまっせ!
| 専門家ますちゃん | 2009/01/31 8:19 AM |
ますちゃん‥(笑)
こういうんは高う売らなあきまへん。

仙人、一生ハードに駆け抜けるかもね。
| ちはりん | 2009/01/31 10:40 AM |
いえいえ、その必要は全くありません。
イライラすることも何かを不安に感じることもなく、
今日という日は過ぎて行きましたから。
最近の僕の人生は「凪」ですよ。
| ひとりで仙人 | 2009/02/01 3:51 AM |
たこ?(違)
| ますちゃん | 2009/02/01 6:18 PM |
誰がタコだよ。
| ひとりで仙人 | 2009/02/02 12:01 AM |







この記事のトラックバックURL
http://ishinohana.jugem.cc/trackback/440

| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.