スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 絵本
みづゑ
みづゑ


実家で整骨院を営んでいた為、
小学生の頃、僕と姉弟は、
児童館にある学童保育という場所に通いました。

忙しい親に煙たがられた子供達の、
(断じて!実際はそんなこと全くありません!)
寂しさが漂う切ない場所でしたが、
僕はそこで「ものをつくる」ことを覚えました。

折り紙や工作、あやとりやお手玉やおはじき、
年に数回催される絵本や紙芝居や映画の鑑賞会。
特に絵本は大好きで、
『花さき山』『モチモチの木』『三コ』『かたあしだちょうのエルフ』、
いわさきちひろさんやブルーナやA・ミルン、
毎日心躍らせて図書室に通ったものでした。

当時、僕ら兄弟は銭湯に通っていました。
ある時、自分達と同じ位の子供がいる大人の方と、
ひょんなことから、とても仲良くなりました。
その方は絵本作家でした。

夏休み、僕ら兄弟はその方に連れられて、
東京の端っこにある田島 征三さんという絵本作家の家に泊まり、
「本当にこの子達、東京の子?」と奥さんに驚かれたりしました。

中学生になってビートルズやエリック・クラプトン、
ボブ・ディランを聴きながらも、
読む本は葉祥明や石井 桃子さん、
安野光雅さん等の本でした。

いろいろなものになりたいと思っていた僕は一時期、
絵本を描いてみたいと思っていたこともありました。
でも、絵は描けないし文章も書けない、
そして、家計を助けるには、
これ以上自分は勉強もできないと思い込んでいたので、
さほど悩むこともなく諦めてしまいました。

だけど・・今、絵を描いたり文章打ったり、
勉強しまくっちゃったりしてんですよねこれが(笑)
そんなもんです・・人生は意外に長いんです。

寝込んでしまう程に才能がないけれど、
子供の頃から大好きだったのだと、
今頃になって思い出しました。

しかし・・毎度のことですが、
書店でこのたぐいの本を買い求めるのは、
少し勇気がいります。
見た目は単なるおっさんですからねぇ(笑)

| 02:51 | PEOPLE | comments(3) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト

| 02:51 | - | - | - |
画面でしか会ったことないけれど
単なるおっさんには、見えませんよ。
| ますちゃん | 2005/05/21 6:14 PM |
単なるおっさんじゃないよ。
妖にして怪(べた褒め)。

田島征三さんといえば「ちからたろう」。
「土」を感じる作家さんだと思います。

ちひろの「赤いろうそくと人魚」をまたみたいなぁ。
| dona222 | 2005/05/22 1:27 AM |
ますちゃんdona222様、
百鬼夜行魑魅魍魎跋扈する、
石の花blogへようこそ!
・・・・じゃねーよ!

しかしあれですな、
二回も続けて自分のことを普通のおじさんとか言ってることに、
今頃気がついたわけです。
そんなこと続けてしつこく言うから、
まるで普通じゃ無いみたくなるんです。

そうそう!私は妖怪です。
夜のお墓とか平気で、
明るい場所が苦手です。
よく20代〜30代前半に間違われますが、
多分、実際は100歳は軽く超えています。

そういえば、近頃日本映画で妖怪を題材にしたものがありませんね。
残念だなぁ・・作って欲しいなぁ・・。
しょうがないから鏡でも見るかぁ?!

しかし鏡には、
ちひろの描く子供のように、
透き通った目を持った、
美しい青年が映っておりました・・とさ。
| ひとりで仙人 | 2005/05/22 2:39 AM |







この記事のトラックバックURL
http://ishinohana.jugem.cc/trackback/165

| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.